医者から問題を指摘された

医者から問題を指摘されたwww.lab-bellsola.com

精神的な健康が医療の力

肉体面の健康だけでなく精神的な健康が医療の力を強くします

 

幸せな人生は健康である事が一番大事なポイントです。
不健康であればそれだけ精神的にも落ち込んでしまいます。
健康は与えられるものではありません。自分が健康を作り維持しなければいけません。

 

しかし、身体に何も異常がなく健康体であればその様な事を意識しません。
厚生労働省指定の難病があります。その中には公費補助がある病気もあります。

 

難病とは医療を施しても治癒する事が出来ない、要するに治癒できる方法が発見されていない病気を言います。
治癒できる方法はまだ発見されていなくても対処療法は出来ますから医療機関で治療を受けなければいけません。

 

どの病気もそうですが、特に難病ともなればどうして難病に罹ったのか、どうして自分なのか患った患者は思い悩みます。
治療を受けても対処療法でしかなく治癒の見込みもたちません。葛藤が続きます。

 

炎症性の神経炎の場合は炎症を抑える為に副腎皮質ホルモンであるプレトニゾロンを服用します。これは量にもよりますがムーンフェイスという顔が丸くなる副作用が出る事が多いのです。
その様に外見的にも副作用が現れてくると何をするにも消極的になりやすいものです。

 

健康が最も大事であると冒頭記しましたが、健康は肉体的な面だけではありません。精神的な健康も必用なのです。
否、むしろ難病などと言う訳のわからない病気に罹ったら精神面の健康の方が大事になるのです。

 

よくテレビ放送などでも難病患者の治療、生活を報道しています。それを見る度に一生懸命生きているその強さは何処から出てくるのだろうと考えさせられます。
当然、治療は今考えられる最善のレベルで施されている筈です。プロペシア通販

 

しかし、今の現状を維持するのが精一杯で治癒の見込みはありません。
その中で頑張って生きていく人間の崇高さを思わずにはいられません。

 

今、難病と言われている病期も医学の発展進歩や新薬の開発により将来は治癒できる病気になっていくと思われます。
しかし、医療はその人の生への手助けをする立場です。

 

人間には本然的に自己治癒力があります。
その自己治癒力による生への希望と医療の力が相まって難病と言われる病気を克服していく事が大切です。

働きながらでも続けられる、健康な身体づくりのコツ5つ

 

毎日ぎゅうぎゅう詰めの通勤電車を我慢し、日中必死で働いて、夜にはクタクタになってソファに倒れこむ・・・。

 

そして疲れがたまって、季節の変わり目に風邪をひいてしまい、電話で同僚に平謝りして代理対応を頼み、翌日にその後処理に奔走・・・。

 

そんな頑張り屋のみなさんに、私や、私の家族が心掛けている「働きながらでも続けられる、健康な身体づくりのコツ5つ」をお伝えします。

 

この5つを心掛け始めてから、風邪をひく確率が格段に減りました!バイアグラジェネリック

 

1.帰ったら手洗い、うがい

 

小学生のころに言われたこの合言葉、大人にも十分通用します。

 

会社のパソコン、電車の吊り手、カバンの持ち手、人の唾、くしゃみ、あらゆる環境に風邪のもととなる雑菌は存在します。

 

必ず石鹸で手を洗い、うがいで口内と喉の粘膜についた雑菌を洗い流しましょう。

 

2.夜の睡眠時間を確保する

 

そんなもの出来たらやってるよ!と思われるかもしれませんが、要は食事とお風呂以外のすべての事項に「睡眠」を優先させるのです。

 

たとえば寝る前に携帯ゲームをしたり、だらだらテレビを見たりしていませんか?
そういった趣味の時間は、目と頭を疲れさせこそすれ、身体の休養にはなりません。

 

お風呂上りは一番リラックスしているタイミングですので、寝つきの悪い方も、気持ちのいい入眠が得られるはずです。

 

3.駅まで歩く

 

我が家は駅まで徒歩20分ぐらいの距離です。
自転車をやめて歩くことで、毎日往復40分のウォーキングが出来、これは運動を全くしないよりも随分違うのだとお医者様にアドバイスされました。

 

肺が鍛えられ、心身ともにリフレッシュ効果が得られるので思ったより大きな効果がありました。

 

4.色々なものを食べる

 

朝や昼は決まったものを食べていませんか?

 

栄養バランスと難しく考えなくてかまいません。
ゴハン派の人はふりかけを変える、パン派の人はお惣菜パンを変えてみる、ランチの時間はちょっと新メニューにトライしてみる。
その程度からでいいのです。

 

色々な種類の食べ物を身体に入れてあげることで、体外物質への処理能力が上がります。

 

5.薬をなるべく飲まない

 

今まで薬を飲んで治った、と思っていた風邪も、実は飲まなくても同じぐらいの日数で治ったりするのです。
それであれば、医療費も診察時間も節約できる、自己免疫力で治したほうが断然お得というものです。

 

いかがでしょう?無理のない範囲で、ぜひあなたも試してみてくださいね。

今年4月からの消費税の引き上げは社会保障費に使われることになっています。
これから日本は高齢化社会が進行し早期治療による医療費の削減が急務

 

医療費・介護費・年金にかかる費用がますます増加していきます。
消費税10パーセントになっても、その増加分を補填できないといわれています。これからの日本の政策として重要なのはこの医療・介護費用をなるべく抑えることです。
これに対しては専門の学者から具体的な提案が出されています。
現在のように医療行為そのものに対して医療費を上限なしに支払うのではなく、病状に対して一定額しか支払わないように制度改革すべきとの案があります。偏頭痛薬

 

また現在のように個人が自由に診療所も病院も受診できるシステムから、かかりつけの診療所をきめて、その紹介がなければ病院は受診できないようにするシステム変更も提案されています。

 

これらの施策は医療費削減に寄与することは間違いないでしょう。
しかし根本的に必要なのは、早期発見早期治療をして膨大な医療費のかかる重症患者を作らないといことでしょう。

 

現在腎臓病が悪化して人工透析をする患者が増えています。
この透析患者一人のために健康保険から支払われている額は年に数百万円です。

 

普通のサラリーマンの年収分の額が一人の患者のために使われていては、保険が成り立たないのはあきらかでしょう。

 

このためには腎臓病の初期の段階で病気を発見し、すぐに治療を始めて重症化させないことが非常に重要になります。
これは慢性疾患である糖尿病患者にも言えることです。

 

そのためには会社での毎年の検診が重要です。さらに中小企業などで検診を受診できない人には自治体が代わって検診を受けさせるべきです。

 

重症化するのはこのような定期的な検診を受診していない人たちですから、健康診断の受診率を上げることは結果的に医療費の削減につながります。病気なってからや重症化してからでは、治療に莫大な費用がかかります、予防や早期発見に使う費用はその数パーセントですむのです。

私は、毎年必ず定期的に健診を受けるようにしています。
そうすることによって、自分では気づかない病気を発見することができて、早期に治療して回復することが望めるからです。

 

私がそう思うようになったのは、私のいとこが健診で、病気を発見することができたためでした。
それは、いとこは肺のレントゲンで早期の肺がんを発見することができたのです。

 

そしてすぐに治療に取りかかることができたので、今では元気に暮らすことができています。
そしてその時は、自分で全く症状がなかったと話していました。それは、症状があるならば、病院を受診するところですが、ないので全く心配していなかったのです。シアリス通販

 

そのため、健診で病名を告げられた時は、自分の事ではないと思うくらいだったようです。
そのことを聞いて、健診を受ける事は、やっぱりとても大切な事だと思う事ができました。

 

そしてそのことがあったことから、更に受ける事も重要さを感じています。
そしてそれは、体のいたるところの病気を未然に発見することもできるのです。

 

全てではないのですが、異常を発見することができるので、その後の生活を改める事ができます。
私の場合も、メタボの兆候を指摘されました。

 

そのことは、分かっていたものの、検査データとしてみた場合は、恐ろしいと感じる事ができます。
そしてその後は、食事や運動などを行い、改善することに努めています。

 

健診を受ける事は、自分をよく知る事ができ、生活そのものを改める事ができます。
そのため、生活習慣を改める事ができるのです。

 

そしてそのことは、家族全員が健康を維持していくことができるため、良いと思っています。
例えば、私の健診結果で、メタボの兆候があった場合、その家族もその予備軍ということがわかるのです。

 

同じように食事をしているので、そのことが言えると思うのです。
そしてその食生活を改善することができたら、家族全員が健康的な食事をすることが出来るということになります。

生活習慣病健診を受診して、医者から問題を指摘されたのは「運動をするように」という事でした。確かにこの数年は全く運動をしていなかったため、私の体脂肪はみるみる蓄積されていったのです。

 

この状態が続いていると、コレステロールや中性脂肪の数値は高くなり、メタボリックシンドロームの状態になる事は間違いないとの事。

 

特に私の場合に問題なのは、あまりにも急激に体重が増えているということ。
1年で5キロ近く増えていますので、相当に食べ過ぎの状態が続いていたのではないかと思います。

 

これを改善するために、運動療法を試みていくことにします。
脂肪を減らすための運動は有酸素運動と言われ、多くの酸素で脂肪を燃やしてしまうという運動方法になります。

 

これを行うには、運動を長時間継続し高い心拍数を維持するという方法が必要であり、 「簡単なのだが長時間続ける運動」をする必要があるのです。
特に、どの運動が効果が高いという違いはほとんどないため、自分の好きな運動を選ぶことができます。

 

一般的には自転車で走るサイクリング、そしてプールで体を動かすスイミング(またはプール内での体操であるアクアビクス) 、そしてウォーキングとなります。
多くの方の運動療法はウォーキングになると思います。

 

歩く事は私たちが一定的に行ってる運動であり、これを長時間続けるだけで有酸素運動が出来るのですから、もっともお手軽に運動が可能です。ということで、専用のシューズを揃えてウォーキングによる有酸素運動をスタートさせました。

 

すでに数カ月は有酸素運動を継続しているのですが、今のところ変化はあまり出ていません。
運動を開始してから終了するまでが40分から1時間程度なのですが、効率を高めるためには、さらに長時間の運動が必要になるようです。

 

スポーツ選手などは、有酸素運動の効率を高めるために、自分の心拍数を計測しています。
腕時計のような装置や、上腕部分に装着する心拍計があり、この数値をチェックしながら、最適な運動量をキープするのです。

 

私も道具を揃えてもっとやる気を高めようかと思っています。


ホーム RSS購読 サイトマップ